読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェイクスピア(h)

わたしはよく信じているよJeanne、あなたがわたしの息子と結婚したいということを。

Jeanneの母は笑った。

本当に仕方がない! 今や仲違いをしていた。Jeanはかわいい男で、とても優しい。彼は決してカフェには行かなかった。

彼はあまりしゃべらない。

彼は公証人のところで働き、月に60フラン稼いでいた。

Jeanneはかわいい娘で、すごく平凡な娘だった。

彼女はお針子たちと一緒に働いていた。

彼女はなんのとりえもなかった。
彼女はうまくうたえることを知っていた。

哀れなJeanは