栄養学の測定

19歳のときに書いたものです。 人は雑食と言われる。もちろん必要な栄養やその量は様々な客観的理由から定められてはいるものの、それを完全になぞらえる生活を送っている者はおらず、なぞらえようとする者さえ少ない。身体に害を与えるであろう多さの栄養を摂取していても、または摂取していなくても人は明確な死に陥るわ…